Beethoven 第9交響曲の新校訂版
(新ブライトコプフ版 vs ベーレンライター版)



第9の楽譜資料
 
ブライトコプフ社からも、ようやくBeethovenの第9の新校訂版が出版されました(校訂はPeter Hauschild)。従来版との差異をベーレンライター版とともに比較してみます。 第9の場合、原資料が下記のように複雑となっているため、訂正採用状況が両者に差がでている箇所が何カ所かあります。
        
第9の代表的原資料(ベーレンライターの校訂報告書に基づく)
識別記号
(ベーレンライター)
内  容 識別記号
(新ブライトコプフ版)
資料A 自筆スコア Beethoven自身が作成したスコア。1824年4月完成。ベルリン国立図書館蔵
資料AP 自筆パート譜 トロンボーン(ボンのBeethovenハウス)とコントラファゴット(ベルリン国立図書館) ASt
資料PX 1824年5月の初演に使用された弦楽器9部の手書きパート譜。Beethoven自身による訂正書き込みあり。ウィーン楽友協会蔵 St
資料B 写譜師による浄書スコア。1824年12月ロンドンに送付されたもの。Beethoven自身による訂正書き込みあり。 PL
資料C 写譜師による浄書スコア。最初の印刷譜(資料E)の版下作成用に使用される。資料Aから浄書されたもの。Beethovenによる多量の校正、訂正書き込みあり(2003年のロンドン・サザビーズのオークションで高額で落札)。 Px
資料C’ 資料Cの一部を、Ferdinand Wolanekにより再度浄書したもの PS
資料X 上記C’に差し替えられたページのオリジナル部分。ただし大部分は紛失。  
資料D 写譜師による浄書スコア。1〜3楽章にBeethoven自身が訂正後、1825年3月にアーヘンに送付された PAa
資料E ショット社により1826年8月に出版された最初の印刷スコア EAP
資料P 資料Eと同時にショット社より出版された印刷パート譜。 EASt
資料F 写譜師による浄書スコア。Beethoven自身による訂正書き込みあり。ウイルヘルム三世に1826年に献呈。ベルリン国立図書館蔵 PB
資料Br1 ブライトコプフ社から1864年に出版された印刷スコア。旧全集。Beethovenの死後に出版されているので当然Beethovenの検閲を受けていない。  
  
 旧ブライトコプフ版から新ブライトコプフ版/ベーレンライター版で訂正されている代表的な箇所を示します。 特に明記してない場合は双方で共通の訂正です。 なお以下にて参照している資料の識別記号はベーレンライター版に基づきます。
 
 


第9交響曲の新校訂版の訂正(抜粋)
  第一楽章
  • 81小節 Fl,Ob  旧ブライトコプフ版で8分音符に行われた音程変更をBeethovenの書いた形に戻す。つまりb1,b2→d2,d3へ戻す。 ベーレンライター版のみ。新ブライトコプフは旧ブライトコプフと同じでbに改変。この部分の解釈の 差が最も大きいであろう。新ブライトコプフは全ての原資料がdであることを認めつつ、再現部との統一性や第3楽章の第1主題の音程の4度音程間隔との関連 を例にとり、Beethovenの書き間違いとしてb音へ変更している。べーレンライター版への対抗意識からかもしれないが、原典版としては 変更理由の説得力は不十分な気がする。
    1楽章 Fl/Obの訂正譜例
  • 89-91小節 Vn1,2  355-358小節 Vn1,2 , Vla 資料Aに従ってスラーは3つの16分音符にかかるよう訂正。Aより後の資料では一貫していない。ベーレンライター版は提示部、再現部とも訂正。新ブライトコプフは提示部(89-91小節)のみ訂正。
    1楽章 Vnの訂正譜例
  • 95小節  Hr1,2,3,4。ベーレンライター版のみの訂正。リズム変更。資料Aに従う。デル・マーによると資料Aにて8分音符2つの表記を4分音符の符尾に斜線1本をいれた省略記法で記載しているが、これが資料Cを浄書する際に8分音符1つに 見間違えられさらに8分休符が加えられたのであろうとのこと。

  • 111小節,378小節 :   Vcの音型。旧版にて変更されたものを、Beethovenのオリジナル(資料A,B,C,F等)の形に戻す。  ベーレンライター版のみ、新ブライトコプフ版は旧版と同じ。 なおこの部分はブライトコプフの初版(資料Br1)ではベーレンライター版と同様にBeethoven自筆等のパターンと同一であった。

    1楽章 Vcの訂正 譜例
  • 236-239小節 :   Hr1,2。8分音符にタイがつく。資料E以外の一次資料全てにタイがついている。 
  • 300小節 :   Tp,Timpのリズム刻み。8分音符から16分音符へ訂正。 資料Aは16分音符、資料Cは8分音符だがBeethovenによるものではない。おそらく写譜師の書き誤りとのこと。

  • 326小節,327小節 :   Hr3,4。ベーレンライター版のみの訂正。この部分は自筆譜に両方のパターンが記載されているのでどちらを採用するかによる。新ブライトコプフ版は旧ブライトコプフ版と同じパターンを採用。

  • 423-424小節 :   Ob1,2。音程のオクターブ移行。ベーレンライターと新ブライトコプフで訂正が異なる。資料E,Pで a1からd3への激しい跳躍を避けるため訂正前の形(=旧版)に変更された。ベーレンライター版は資料A他の原資料に従った。 新ブライトコプフ版ではClに合わせ、さらにアウフタクトの音符を a1→a2と上げた。  (なお他の箇所でも見られるが f の連続の sf への置き換えも行っている。)

  • 488-491,493-494小節: Tp1,2 タイを削除(Hrにはタイあり)。資料Aはタイなし。

第二楽章 
  • 36小節 :   Vla a-a-aをa-g1-f1に変更。資料Aに従う。C以降の資料はa-a-aの形。
  • 101−102小節、105-106小節: 木管楽器。スラーを変更。

  • 352小節: Timp ベーレンライター版のみの訂正。資料Aに従う。資料Cは休符。

  • 375小節: Fl2 2拍目 a2→cis3  新ブライトコプフ版のみの訂正。資料Aはa2、資料Cをはじめとした他の資料はcis3


  • 390小節(2番カッコ内): Timp 一つめの音 F→fに訂正。新ブライトコプフ版のみの訂正。資料C,B,D,Eに従う。訂正前の音程は資料A。

  • 411小節: トリオの前のPrest のテンポ。全音符=116 → 2分音符=116(新ブライトコプフ版)。ベーレンライター版は両方とも不適としてブランク。
  • 442小節: Hr2。タイの全音符を2分音符2つとしてHr1と同様に音を切る。ベーレンライター版のみの訂正。資料Aに従う。旧版のタイの全音符は資料C。

  • 479,487小節:Vn1,2 スラーの付与、ベーレンライター版は479小節のみ、新ブライトコプフ版は479,487小節両方。
  • 503−506小節、515-522小節: Vn1,2  旧ブライトコプフ版でスタッカートに改変された音型をBeethovenの最終的な意図のタイ付き和音に戻す。 この部分の変更の経緯はこちらにて解説。なお新ブライトコプフ版ではタイで結ばれた2つの2分音符を全音符一つに書き換えており、これにてべーレンライター版を使用しながら従来多く行われてきたタイを無視して音を切る演奏は払拭されるであろう。

第三楽章
  • 53小節 : Vn1 1つめの音c2をd2に訂正。Beethovenの関与しているすべての資料でd2となっている(資料A,PX,B,C,D,X,F)。  ショット社の最初の出版譜(資料E)でc2にミスプリされ、ブライトコプフ初版(Br1)もこの誤りを引き継いでしまった。
    3楽章 Vn1の訂正 譜例
  • 137小節 : Vc,Cb  自筆譜(A)の初期案に近い形に戻す。ベーレンライター版のみの訂正。Beethovenの修正が不完全(休符の欠落?)であり拍数が足りない。 新/旧ブライトコプフ版では休符欠落部分を前に詰め、4拍目にfの4分音符ならびに8分休符を補った解釈をしている。
    3楽章 Vc&Cbの訂正 譜例
  • 144小節 : Vn1 10個目の音をc2からd2へ変更。スラーは3拍目と4拍目で分割。双方ともベーレンライター版のみの訂正。 自筆譜(A)はd2となっているがインクが下方に広がっているため写譜師が見誤り資料Cにてc2に修正してしまった。 スラーの分割は、自筆譜(A)、手書きパート譜(PX)、印刷パート譜(P)。
    3楽章 Vn1の訂正 譜例2


第四楽章
  • 8小節: Vc,Cb  脚注コメント Selon le caractére d'un Recitativ , mais in Tempo. (レチタティーヴォの性格で、ただしテンポ通りに)を新ブライトコプフ版では削除。各ソースで微妙に単語が異なり、文法的に不正確な表現もあるらしい。「テンポ通りに」は自筆譜A、手書きパート譜PX、浄書スコアBにはなく、浄書スコアCにて加えられた。
  • 152,160小節: Vn2  1つめの4分音符 fis1 → fis1とa1の重音。新ブライトコプフ版のみの訂正。資料Aでa1が削除されている。以降のソース(資料D以外)では a1が残っている。資料C、Eでは160小節のa1は無い。
  • 120小節: Fg1 リズム変更。 ベーレンライター版のみの訂正。資料Aの訂正後のパターンに従う。ブライトコプフ版は資料C以降のパターン(訂正前?)。 なお115小節以降のFg2パートは旧ブライトコプフ版は小音符で記載されていたが、新版ではベーレンライター版と同様に通常に記載しFg2も演奏せよになっている。


  • 154,162小節: Cb 146小節と同じ音形。自筆譜では146,154(162)小節同じ形に修正してあるが、資料Cでは154,162小節は修正忘れ。
  • 197,198小節: Hr1,2  音程変更。ベーレンライター版のみの訂正。資料Aの訂正後のパターン。訂正前のAならびにC以降の資料は、すべてd。


  • 254小節: Bariton Solo  デクレシェンド→アクセントへ変更。 ベーレンライター版のみの訂正
  • 330小節: Vor Gottの部分。 この部分の解釈の相違も大きい。 Timpのみに記載されていた デクレシェンド+ p ベーレンライター版は削除、新ブライトコプフ版は管弦楽全パートに付与。  このデクレシェンド+ p の存在は、原資料でもまちまちである。
    • すべてなし:資料A,E,P
    • Timpのみ:資料C
    • 管弦楽全パート:資料D(p は弦楽器,Fl,Timpのみ),資料F(p は弦楽器,Fg,Hr,Tp,Timp)
    • いくつかの弦パート:資料Px,B
  • 331小節: メトロノーム表記 ベーレンライター版:付点2分音符=84、 新ブライトコプフ版:旧版と同じ付点4分音符=84 。この部分は資料上は付点4分音符=84。ベーレンライター版では 遅すぎて付点2分音符=84が適当としてそのように変更。新ブライトコプフ版でも表記は原資料に従って付点4分音符=84としているがスコアの序文にて2楽章のトリオのテンポとともに疑わしいとしている。
  • 331-374小節: CFg  Fg2と同じ音程→Fg2の1オクターブ下へ変更。
  • 436小節 : Vn2  最初の音をb→a1に訂正。 ベーレンライター版のみの訂正。 自筆譜(資料A)に従う。bの音は資料F等。 この部分の変更の経緯はこちらにて解説。
    4楽章 Vn2の訂正 譜例
  • 467小節: Hr1,2  音程変更 es2/es1 → e2/e1ベーレンライター版のみの訂正
  • 532,533,538,540小節: Hr1,2  タイの追加。ベーレンライター版で有名になった訂正。新ブライトコプフでも採用。資料A,Cに従う。

    この部分は、ベーレンライター版を使用しても、実際の演奏での採用は躊躇される場合が多い。 ちなみにN響は過去ベーレンライター版で演奏する場合も、この不規則シンコペーションを無視し続けてきたが、2002年の大野和士で初めて楽譜通りの演奏を行った。ただし大野の演奏では、バイオリンの慣用的なオクターブ上げの改変(1楽章501小節、2楽章276,281小節など)を行っていた。
  • 627小節: Vla  リズムの変更。 資料Aでは3拍目は2分音符(Flも)。資料Bで4分音符に訂正されている。

  • 767小節: Tenor,Bariton Solo  歌詞訂正 Freude → Tochter。ベーレンライター版のみの訂正。全ての資料でTochter。
  • 851小節: 速度表記 Prestissimo → Prest。ベーレンライター版のみの訂正。資料AにてPrestissimo → Prestと訂正。


その他
  • 新ブライトコプフ版では、演奏面での実用性に重点をおいている。前述のように2楽章トリオのバイオリンの2分音符2つのタイを全音符に置き換え、奏法の混乱を避ける工夫をしてある。  また第1,2,4楽章で f が連続して記載されている部分は、 sf に置き換えてある。この sf への変更が新ブライトコプフのウリのようである。

     しかしBeethovenは、あえて f sf を区別して書いていている部分はなかったのであろうか? 
  • ベーレンライター版はBeethoven の表記方法を重視し、原典資料としての側面にも重きをおいた校訂方針のようである。新ブライトコプフ版は、旧版で行った(Beethovenの残したどの資料にも見られないが)整合性重視に基づく独自の訂正も引き続き採用している。第一楽章第二主題(81小節)の音程変更や、111,378小節のVcの音程変更などである。
  • 複数の原資料間に差異がある場合の選択の際は、ベーレンライター版は自筆スコア(資料A)、新ブライトコプフ版は 浄書スコアを重要視している印象を受けた。
  • 2009年N響の第九: 新ブライトコプフ版ベートーヴェン交響曲スコアのカタログ等で原典版推薦のコメントを寄せている クルト・マズアが2009年のN響第九の指揮をするというので、N響の新ブライトコプフ版演奏が聴けるのかと期待。 しかし実際は、旧ブライトコプフ使用でさらに、2楽章93小節以降のホルンや、4楽章冒頭のトランペットに木管のメロディーを吹かせたりする今となっては、あまり行われない改変を堂々と実施。 マズアは原典版に対して実際は、全く興味はないようである。あの推薦コメントは何だったのだろう? 4楽章の330小節(vor Gottの部分)は、全オケパートをデクレッシェンド。単にこの部分に関して、新ブライトコプフ版が自論と同一の扱いをしていたので推薦する文章を寄せたのか? (2009.12追記)

参考資料
  • BEETHOVEN Symphonie Nr.9 in d-moll  (Bärenreiter TP909) : スタディスコア
  • Symphonie Nr.9 in d-moll  Critical Commentary (Bärenreiter BA9009) : 校訂報告書
  • Beethoven Symphonie Nr.9 op.125 Partitur Score (Breitkopf & Härtel Partitur-Bibliothek 5239) : フルスコア
 新ブライトコップ 第九