Beethoven第7交響曲の新校訂版


 
ベルリンフィル(アバド)に続き、ウィーンフィルもラトル指揮にてベーレンライター新校訂版による全集を録音し、ベーレンライター新校訂版も一般化しつつあるが、 中断していたヘンレ版も新校訂版を出すらしいとのことで楽しみである。(→2007年4月現在まだ出ていない。)

 ベーレンライター版、ブライトコプフ新版で従来版(ブライトコプフ旧全集版など)から訂正された 主な個所を紹介する。それぞれの訂正箇所において、訂正を採用している版を明記していない場合、両方とも訂正されていることを示す。
 訂正内容と原資料の関係についてはブライトコプフ新版のフルスコアにある校訂報告、一部ベーレンライター社の校訂報告書を参照した。
  
交響曲第7番の代表的原資料(ブライトコプフ新版スコアに基づく)
識別記号
(ブライトコプフ新版)
内  容 識別記号
(ベーレンライター)
資料A 自筆スコア Beethoven自身が作成したスコア。日付1812年。ポーランドKrakowのJagiallonian図書館蔵
資料PR Wenzel Ramplによる筆写スコア。オックスフォードのBodleian図書館蔵。Beethovenによる訂正あり。 C
資料PD Anton Diabelliによる筆写スコア。ボンのBeethoven-Archive蔵 D
資料StAb 手書きパート譜。ウィーン楽友協会蔵。Beethovenによる訂正あり。 PX
資料EAP 初版印刷スコア。ウィーンのSteinerより1816年出版 E
資料K 初版印刷スコアの校正見本。ベルリン国立図書館(プロシア文化財団)蔵。出版者による赤インクの訂正あり。 K
資料EASt 初版パート譜。ウィーンのSteinerより1816年出版
ZAP 2度目の印刷スコア。ウィーンのHaslingerより1831年に出版。 F


第一楽章

・1小節:  4/4拍子 → 2/2拍子 
   (ブライトコプフ新版のみ訂正)。 A,STab,EAstが2/2拍子表記 

・17小節:  全木管楽器  タイを削除
   
・34〜40小節: Fl以外の管楽器は sf → f
   (ベーレンライター版のみ訂正)

・46小節: Vn1,2 32分音符の装飾音符がある。 なお同一音形の27小節にはない。
 資料Aに鉛筆にて記載されている(資料PRは16分音符となっている)。資料StAbではVn2にもある。 おそらく従来版は27小節との整合性を取り、この修正を採用しなかったのであろう。
譜例1-46
・54小節: Fl1  スラーは小節全体

・56小節: Fl1  スラー開始は小節の冒頭
(ベーレンライター版のみ訂正)
自筆譜では2つめの音符からの開始であるが、1つめの音符は後から加えられたものとしてスラーの伸長もれで あろうと1つめからに修正

・301〜322小節: ベーレンライター、新ブライトコプフ版ではないが、H.Litolff版(Dover版)ではCb.がpizz.でなくarcoとなっている。

・313小節: Vn1,2,Va,Vc  スラーは314小節までかかる。資料A,PR,StAbに従う(StAbはVn1のみ)。

第二楽章

・102小節: Vn1 スラーを102小節〜103小節に延長

・110〜114小節: Vn1 114小節1拍目までの1つのスラーへ(ブライトコプフ新版のみ訂正)。資料A,PD,EAStに従う。

・135小節: Vn2,Va スラーは小節の最後で切れる。

・213小節: Hr1,2 付点四分音符を8分音符3つに訂正
  (ブライトコプフ新版のみ訂正)
譜例2−213
ベーレンライター版は、本文での表記は付点4音符としているが、8分音符版の例は 脚注に示してある。この部分の注記によると自筆スコアA,筆写スコアCは、このように付点4分音符 だが、以降の殆どのソース(Beethovenが校正を加えた浄書スコアなど)は8分音符 とのこと。

・219小節: Ob2 1拍目−2拍目の最初の16分音符までOb1のオクターブ下

・275〜276小節: Vn1 arcoは276小節から
  (ベーレンライター版のみ訂正)
譜例2-275

 自筆譜、筆写譜、すべての原資料においてarcoの開始は、276小節である(=ベーレンライター版)。ブライトコプフ旧版はVn2に合わせて一つ前の音符に変更した。ブライトコプフ新版は校訂報告で原資料のarcoのは276小節であることを記載してあるがやはり旧版と同じ変更のままである。ジンマンは、すべて276小節もpizzで演奏しているがこれは資料的根拠はない。

第三楽章

・89小節 Fl1 3拍目 オクターブ上
 (ベーレンライター版のみ訂正)

・149〜152小節、157小節〜160小節 以下同様パターンの箇所:
 全ての管楽器のクレッシェンドの終端、デクレッシェンドの開始が後ろにシフト
 (ベーレンライター版のみ訂正)
 自筆譜では166小節のみクレシェンドの終端が旧ブライトコプフ版と同じ3拍目となっているが他の箇所は  すべて小節線近くまで(場合によっては小節線を越える)となっている。

譜例3-149

第四楽章

・73,83小節: Vn1 次の小節へかかるスラーは削除
 (ベーレンライター版のみ訂正)

・163〜164小節、170〜171小節: Vn1 sf を削除
 (ベーレンライター版のみ訂正)

・177小節: fl,Ob,Fg   sf を削除
 (ベーレンライター版のみ訂正)

・278〜279小節: Hr2 全休符→280-281小節と同様に8分音符 g1,g

・327〜332小節: 管楽器全部 sf を削除
 (ベーレンライター版のみ訂正)

・373、379、383小節: Fl,Ob,Fg 四分音符にはスラーがついている
 (ベーレンライター版のみ訂正)
譜例4-372

・388〜397小節: Vn1,Vn2 スラーは次の小節にかからない。
原資料ではスラーの状態は様々とのこと。資料Aに従う。
譜例4-388





参考資料
  • BEETHOVEN Symphonie Nr.7 in A-dur  (Bärenreiter TP909) : ベーレンライター新校訂版スタディスコア(ジョナサン・デル・マー校訂)
  • LUDWIG VAN BEETHOVEN SYMPHONIE NR.7 A-DUR (BREITKOPF & HÄRTEL PB5347) : ブライトコプフ新校訂版スタディスコア(ペーター・ハウシルト校訂)
  • LUDWIG VAN BEETHOVEN Symphonie Nr.7 A-Dur (BREITKOPF & HÄRTEL PB5237) : ブライトコプフ新校訂版フルスコア、校訂報告(ペーター・ハウシルト校訂)