Beethoven第3交響曲の新校訂版



Beethovenの 第3交響曲「英雄」の新校訂版の従来版との主な相違を示す。これもベーレンライター版(デル・マー校訂)、新ブライトコプフ版(ハウシルト校訂)で出版されている。
 なおよく知られているように、英雄はBeethovenの自筆スコアは紛失しており、写譜スコア(Beethovenの訂正書き込みがある)が重要な資料となる。

第3交響曲の主要資料
識別記号
(ベーレンライター)
内  容 識別記号
(新ブライトコプフ版)
資料A Beethovenによる自筆スコア(紛失)
資料B 写譜師による浄書スコア(1804年)。ベートーヴェンの訂正書き込みあり。有名なナポレオンへの献辞が消された楽譜である。ウィーン楽友協会蔵。 P
資料P 最初の出版パート譜(1806年)。多くの訂正書き込みあり。ウィーン美術工芸社出版 EASt
資料PX Pの出版の前に筆写された手書きパート譜。木管パートにBeethovenの訂正書き込みあり St
資料C 最初の出版スコア。ロンドンで出版(1809年)。Beehoven 無関与。 EAP1
資料E ドイツで最初に出版された(1822年)スコア。ジムロック社出版 EAP2

双方の新校訂版で訂正が異なっている場合のみ版を明記。特に記述がない場合はベーレンライター版、新ブライトコプフ版とも同じ訂正である。
 譜面例では使用ソフトの制約によりスタッカート記号は全て「点」で表記してあるが、新校訂版では「楔型」となっている。
 なおオーケストラのパート譜では従来より広く使われている旧ブライトコプフ版では小節番号の振り方が繰り返し記号の1番カッコ、2番カッコを両方合計して 次の小節番号としているので一般のスコアとずれてしまい混乱しやすい。新ブライトコプフ版では、ちゃんと直っている。

第一楽章

・11〜12小節: Vn1 11小節めのスラーは小節の頭から12小節終わりまで。
  (ベーレンライター版のみの訂正) 

・21〜22小節: Fl1、Cl1、Fg スラーは小節をまたがっている。

・23,27小節: Vn2,Vc スラーは小節の終わりで切れる。次小節の f2,f1, の音にはかからない。

・40〜41小節: Vla,Vc スラーは40小節3拍目のgから41小節めの終わりまで。

・45小節: Vn2 スラーのパターン訂正。ベーレンライター版と、新ブライトコプフ版で異なる訂正。
       新ブライトコプフ版ではp の開始位置も8分音符分後ろにシフト。

譜面例 第一楽章 Vn2 44小節
Vla スラーは1小節全体へ訂正。ただし新ブライトコプフ版ではの開始位置は小節冒頭。

・53小節: Vn2 スラーは1小節全体へ訂正。最初の8分音符のスタッカート削除。

・91小節: Cb 4分音符を2拍目に移動。1拍目は4分休符。
  (ベーレンライター版のみの訂正)  

・113小節: Fg2 最初の8分音符 B→d

・220小節: Vn2,Vla スラーは1小節全体に

・220,221,224,225小節: Cl1 スラーは小節をまたがない(付点4分音符と8分音符にかかる)。

・233小節: Hr1  sf → sfp 

・290小節: Fl 全休符 → 1拍めのみhの4分音符。
  (ベーレンライター版のみの訂正)

・445小節: Vn2 1つめの16分音符、前の小節と同様にes2/es3のオクターブ
  (ベーレンライター版のみの訂正

・448小節: Vn2,Vla スラーは1小節全体に

・476小節: Fg2 1拍目 esの8分音符2つ→4分音符一つ。つまりFg1と同じになる。( 新ブライトコプフ版のみの訂正)

・512小節:  全管楽器、Timp  2拍目のsf  f
  (ベーレンライター版のみの訂正)

・531〜534小節: 全楽器 sf  → f
  (ベーレンライター版のみの訂正)

・531〜534小節: Hr3 全て休符  → Hr1と同じ cの音

・544小節: Vn1,2 2つめの音 h1 → b1
 (新ブライトコプフ版訂正。ベーレンライター版でもナチュラルにカッコをつけており、b1の可能性を示唆している。)

・615〜621小節: Hr1,3   スラーの付与

・658小節: Tr 8分音符のきざみ → 付点2分音符

譜面例 TP第一楽章658小節
 


  

第二楽章

・6小節: Cb   3連符にデクレッシェンド

・21〜22小節: Vn1 21小節のスラーは22小節の4分音符まで。22小節のc2,fis1にスラー。

・28〜29小節: Cla  28小節の3拍めのスラーは29小節めの最初の8分音符までかかる。

・40小節: Ob、Cla、Fg、Hr3   は32分音符でなく、その次の4分音符

・42小節: Hr1,2,3  デクレッシェンド削除  Hr1,2 3つめの8分音符にアクセント

・45,46小節: Fl1、Ob1、Cl2、Fg1  スラーは45小節、46小節間で分割。

・50,51小節: Fl1 c3の音はタイでつながる。
  (ベーレンライター版のみの訂正)

・65,66小節: 全弦楽器 スラーは65小節で終わる。

・72,73小節: Hr1 タイがつく。
  (ベーレンライター版のみの訂正)

・97小節: Fg2 付点16分音符 g → h 。

・114小節: Vn2 下のasの長さは8分音符でなく4分音符。

・116小節: Vn2 sf  は削除。    Vla 1拍目付点4分音符に sf を付与。

・232小節: Timp  全休符。
  (ベーレンライター版のみの訂正)

・241小節: Vn1 最初の2つの16分音符 スタッカートを削除しスラー。
  (ベーレンライター版のみの訂正。資料P,PXに基づく)

・245小節:Ob1,2 8分音符 → 4分音符。
  (ベーレンライター版のみの訂正)


第三楽章

・7,18小節: Ob  pp  → p 

・58小節: Ob2  2拍目のd2 → b1

・97小節: Hr、Tr   sf をつける。

・178小節: Hr 1拍目 sf はHr2,Hr3(ベーレンライター版)。Hr1,Hr2,Hr3全て(新ブライトコプフ版)。

・194小節: Hr 1拍目 sf Hr1,Hr2,Hr3全て。

・212小節: Fl2  1拍目のas2 → c2

・364〜369小節: Hr1,3   音程変更
譜面例 第三楽章 Hr 363小節

第四楽章

・36〜37小節: 全パート ff  f 

・48〜50小節: Vc、Cb  スラーは48,49小節全体と50小節全体に訂正。

・76小節: Fl、Ob、Cl  スラーはアウフタクトの8分音符にはかからない。

・96小節: Vn2 休符の後の最初の8分音符はbの単音(es1の音はない)。

・100,101小節: Fg 小節ごとにスラーをつける。

・104小節: 新ブライトコプフ版のみの大きな訂正   全パート p ( Vn1,2はアウフタクトの8分音符から)

・137小節: Vn1 スラーは最初2つの8分音符まで。

・141、143小節: Vn2 スラーのパターンを訂正。ベーレンライター版、新ブライトコプフ版で異なる。

譜面例 第4楽章 Vn2 140小節

・150、152小節: Vla  スラーは最初の2つの8分音符まで。新ブライトコプフ版は141小節、143小節のVn2と異なったアーティキュレーションを採用。

・153小節: Vn2   f  →  sf 

・165小節: Vn2、Vla   f  →  sf 

・195小節: Vn1 小節全体のスラー → スラーの開始は2つめの16分音符から小節の最後まで

・210、218小節: Fl2、Ob1、Fg1  スラーを削除(Vn1にはスラーあり) 

譜面例 第4楽章 Fl 210小節
Fl2の譜例であるがOb1,Fg1も同様

・213、221、241、245小節: Fl1 スラー削除

・269、273小節: Vn1 スラーのパターン訂正(195小節と同様の訂正)

・350小節: Cl1,2 声部の割り当て変更。

譜面例 第4楽章 Cl 350小節

・355小節: Hr3 タイを削除。
  (ベーレンライター版のみの訂正)

・369小節: Cb. リズム変更。この小節のみ 8分音符、8分休符、8分休符、8分音符。
  (ベーレンライター版のみの訂正)

譜面例 第4楽章 Cb 367小節

・435,436小節: Fg、Hr1,2  スラーの位置訂正

譜面例 第4楽章 Hr 434小節

・437,438小節: Cl、Hr3 スラーの位置訂正(435,436小節のFg、Hrと同様の訂正)。

・439,440小節: Fl  スラーの位置訂正(435,436小節のFg、Hrと同様の訂正)。

・445小節: Vn1,2  sf は2拍目だけでなく1拍目にもつく。

・447小節: Vn2  一つめの16分音符 b1 → g2 。
  (新ブライトコプフ版のみの訂正)

 
 


参考資料

  • BEETHOVEN Symphonie Nr.3 in Es-dur  (Bärenreiter TP903) : ベーレンライター新校訂版スタディスコア(ジョナサン・デル・マー校訂 1999年)
  • LUDWIG VAN BEETHOVEN SYMPHONIE NR.3 ES-DUR (BREITKOPF & HÄRTEL PB5343) : ブライトコプフ新校訂版スタディスコア(ペーター・ハウシルト校訂 1999年)
  • LUDWIG VAN BEETHOVEN SYMPHONIE Nr.3 Es-dur (BREITKOPF & HÄRTEL PB5233) : ブライトコプフ新校訂版フルスコア(ペーター・ハウシルト校訂 1999年)