Sibelius 第2交響曲の新校訂版(新ブライトコプフ版)


シベリウスの交響曲第2番に関しては2000年に新全集版がブライトコプフ社から出版されました(スタディスコア PB5378)。  同じくブライトコプフ社からこれまで出ていた旧版スコア(スタディスコアPB3323)と比較し、主な変更を調べました。

新校訂版の訂正(抜粋)
  第1楽章
・14小節: Hr1/2 クレシェンド記号の終点に mf 
            Hr3/4   mp  mf に修正 
・20小節: Vn,Vla,Vc,Cb クレシェンド記号の終点を小節の最後まで延長
・36小節: Fg 前の小節のクレシェンド記号の終点をこの小節の1拍目まで延長
・39小節: Timp  mfp  f に修正
・58小節: Ob,Fg クレシェンド記号の開始を3拍目→4拍目に修正
・63小節: Vn,Vla,Vc 6拍目に次小節のデクレシェンド記号の開始位置延長
・72小節: Fl,Cl.Fg  デクレシェンドの開始位置を1拍目→3拍目に修正
・84小節: Vn,Vla,Vc cresc. の位置 2拍目→4拍目に修正
・86,88小節: Vn,Vla,Vc クレシェンド記号の開始は次小節の冒頭へ移動 
・124,128小節: Fg デクレシェンド記号の開始位置を4拍目へ移動
・137小節: Vn クレシェンド記号の終点を1拍目までに縮める
・140小節: Ob,Cl,Vn,Vla クレシェンド記号の開始を5拍目へ移動
・148小節: Vn,Vla,Vc デクレシェンド記号の開始位置を4拍目へ移動
・157,159小節: Cb デクレシェンド記号の開始位置を4拍目へ移動
・164小節: Timp   ppp  semple pp に修正
・197小節: Fg,Hr3/4  4連符の四分音符にスラーをつける。
・202〜206小節: Fg  4連符の四分音符にスラーをつける。 
・206小節: Fg,Vla,Vc,Cb  4連符の四分音符に4つずつスラーをつける
・215小節: Hr,Vn,Vla,Vc,Cb デクレシェンド記号の開始位置を4拍目へ移動
・218小節: Tuba 2小節に亘ってデクレシェンド
・219小節: Timp dimin. moltoの終点に pp 
・223小節: Vn,Vla,Vc  デクレシェンド記号の開始位置を6拍目へ移動
・227小節: Fl以外全パート cresc. possibile  の位置を前小節の5拍目に移動
・260小節: Fg デクレシェンドを付与
・305,308小節: Vn,Vla,Vc デクレシェンド記号をアクセントに変更
・317小節: Hr デクレシェンド記号の開始位置を小節頭へ移動
       Timp デクレシェンド記号をアクセントに変更

 
第2楽章
・3小節: Timp  pp を4小節目に移動
・49小節: Hr1,2    marcato   を追加
・60小節: Fg,Hr デクレシェンド記号をアクセントに変更
・83小節: Vn  fz を一拍目に追加
・150小節: Vla,Vc デクレシェンド記号を削除
・155小節: Vn 1拍目に sf 
・164小節: Fg 3拍目にデクレシェンド記号
      Vc,Cb アクセント記号をデクレシェンド記号に変更
・167小節: Cb ffとmfの間のクレシェンドをデクレシェンドに変更
・170小節: Cb デクレシェンド記号をアクセントに変更
・173小節: Hr,Tp,Tb,Tuba 小節の頭に f 追加
・183小節: Vla,Vc デクレシェンドをアクセントに変更(2拍目に置く)
・187小節: Cb divの上声部の最初の音符をarcoからpizz、4拍目にarco 
・195小節: Ob1 3〜4拍目にデクレシェンド
       Hr4  1〜2拍目と3〜4拍目にデクレシェンド記号(2つ)
・200小節: Vn1,Vc デクレシェンド記号をアクセントに変更
・212小節: Timp 2拍目のデクレシェンド記号を fz に変更。
・214〜217小節: Vn2 スラーをVn1と同じに小節ごとにする。
・231小節: Vla デクレシェンドをアクセントに変更(4拍目)

 
第3楽章
・31小節: Fl,Fg クレシェンドをデクレシェンドに変更
・62,63小節: Ob 2小節間のクレシェンドを追加
・64,65小節: Vn2 64小節の後半から65小節の終わりまでクレシェンドを追加
・115小節: Tuba,Timp  sempre p を追加
・116小節: Ob,Cl,Fg,Hr,弦セクション cresc. の位置を前小節の後半に移動
・121小節: Cb.  fp の位置を他の弦楽器と同じように小節の冒頭から小節の後半に移動
・151小節: Ob1 小節最後のCes-As-Bの3つにかかるスラーをCes-As間に変更
・229小節: Vn2 次小節の頭までクレシェンド記号
・307小節: Vn1,2 小節の前半にデクレシェンド記号

 
第4楽章
・1-4小節: Tuba デクレシェンド記号をアクセントに変更
・4小節: Tuba,Timp  mf, mp を次小節の頭に移動
・13小節: Vn1,2 4分音符にテヌート追加
・24-29小節: Tuba デクレシェンド記号をアクセントに変更
・46小節: Fl,Fg デクレシェンドの終端を次小節の末尾まで延長
・48小節: Fl,Fg デクレシェンド記号追加
・52小節: Fg,Hr デクレシェンド記号をアクセントに変更
・57小節: Cb   p → f に変更
・66小節: a tempo ma tranquillo → a tempo に変更
・119小節: Vla  pp → ppp に変更
・133小節: Vc 前小節と同様に小節全体のスラー追加(134小節も校訂者により同様の追加)
・190-196小節: Hr3,4  デクレシェンド記号をアクセントに変更(196小節はHr1,2も)
・197小節: Timp 1拍目にアクセント追加、3拍目のデクレシェンド記号をアクセントに変更
・198-211小節: Timp デクレシェンド記号をアクセントに変更
・205小節: Hr クレシェンド記号の開始は次小節の頭に
・207小節: Hr デクレシェンド記号をアクセントに変更
・217小節: 全体  cresc. の位置を小節の中間に移動
・330小節: Vn1 Vcと同様にデクレシェンド記号を追加
・332小節: Vn1,Vc デクレシェンド記号をアクセントに変更

参考資料

  • JEAN SIBELIUS Symphonie Nr.2 (BREITKOPF & HÄRTEL PB5378) : ブライトコプフ新全集のスタディスコア(Kali Kilpeläinen校訂)
  • JEAN SIBELIUS Symphonie Nr.2 (BREITKOPF & HÄRTEL PB3323) : ブライトコプフ旧版スタディスコア