Beethoven 第5交響曲のスケッチ



Beethovenは、推敲に推敲を重ねて曲を完成したことは知られている。有名な第5交響曲の第一楽章の初期のスケッチを見ることによってもその跡が確認できるのですね〜。
なお譜例はグスタフ・ノッテボーム著の「ベートーヴェニアーナ」に掲載されていたものを楽譜ソフトに入力・表示しキャプチャーした(休符の欠落等記譜上の誤りは修正)。
 余談であるがこの本絶版になって久しく、古本屋でも見つからず、国会図書館で閲覧してきた。1951年刊行 \360ナリ。復刊してほしいものである。
→2005/4/17に神田の古本屋で見つけ、ようやく入手できました。
 Ex1〜Ex3は冒頭部ならびに展開部の初期段階のスケッチだが、例の「扉をたたく」動機が、最終的な形とは別の形に展開されている。
もしこれらのスケッチが最終的にオーケストレーションされてされていたらどのようになっていたかを想像してみても興味深い。
 特にEx3の主題が転調しながら展開されていく様子など結構緊張感があって、没にするのは惜しいと思うのだが。 

運命 1楽章スケッチの楽譜1

Ex1,2のMIDIデータ

運命 1楽章スケッチの楽譜2
Ex3のMIDIファイル



 なおスケッチEx3の14小節目のフレーズは第一楽章の407小節目以降に関連づけられる。

これらのスケッチは8ページからなる綴じ込みの2ページ目に記載されているそうである。
これには他には、ピアノ協奏曲第4番1楽章のスケッチ、レオノーレの囚人の合唱に使われた楽句、第5交響曲の2楽章のスケッチ、4楽章のスケッチ(6/8拍子であり、今のものとは全然違う)などが記載されている。

 
おまけ
以前、「題名のない音楽会」(1996.2.4)の中でもとりあげられた運命の主題の盗作疑惑を紹介する。
ベルギーのスタンダールド紙(1995/6/9付)で報じられた記事であるが、あの主題は実は、祖父の作曲した作品をパクったのではないかというものである。近年、教会のパイプオルガンのペダルの下から発見された「ハープシコード舞踏曲」が、それである。番組の中で写された手書きの楽譜の写真の譜例を示す(残念ながらこの2小節のみしかないそうだ)。
確かに単に主題の音程が一致(こちらは二短調だが)しているが、第5交響曲で単純な主題があのような形に完成させられた結果が素晴らしいのであり盗作うんぬんで騒ぐほどのことではないと思うが..
 

Beethovenの祖父作曲「ハープシコード舞踏曲」譜例
運命盗作疑惑の楽譜
MIDIファイル