ベートーヴェン第10交響曲スケッチ


 

ベートーヴェンの第10交響曲

 Beethoven研究家として知られるバリー・クーパー博士が残されているスケッチの断片から1988年に交響曲第10番第一楽章を補筆完成し、CDも発売され話題になりました。同年10月14日に日本テレビの番組「謎学の旅スペシャル」で読売交響楽団、指揮クーパー博士による演奏も放映されました。
 ベートーヴェンの残したスケッチに非常に興味があったので、色々確認できたものを紹介します。  
  • 同番組内で写されたスケッチの自筆譜から解読したもの。なお画面でははっきりとわからない部分も多くbeethovenの記載も走り書きであるため解読誤りもあると思います。
  • 番組内で紹介されたベートーヴェンハウスにある1822年のスケッチについては、同所のサイトに画像として公開されていたので、これも参考にしました。
  • 最初に公にされた、第10交響曲のスケッチとしてノッテボームの第二ベートーヴェニアーナ(上)で紹介されているスケッチも紹介します。
   いずれのスケッチもほとんどが数小節の断片なので、復元は、かなり困難であるということがわかります。

1822年のスケッチ

 ボンのベートーヴェンハウス所蔵のスケッチです。番組内でベートーヴェン記録保管所のジークハート・ブランデンブルク氏が紹介しました。全体は4ページあり、もともと軍楽隊のための行進曲 WoO.18(ヨルク行進曲)の改作(トリオの追加)のためのスケッチ片ですが、各ページとも上段部にヨルク行進曲のスケッチが記され、下の余白部分に第10交響曲のスケッチ(断片)が後から記入されています。なお2ページめの8段目からは祝賀メヌエットWoO.3のスケッチが記されています。
 このスケッチの解読は番組内で写された映像とボンのベートーヴェンハウスのサイトで公開されているスケッチ画像(HCB BSk 20/68)も参考にしました。
 譜例1、2はアンダンテの変ホ長調の序奏部のテーマの案です。悲愴ソナタの2楽章に類似していますが、特に譜例2のは悲愴ソナタに殆ど一致した音形となっています。スケッチに記載された 「harmonie allein」は木管楽器の指示です。
第10交響曲スケッチ譜例1
譜例1 (1ページ6段)

第10交響曲スケッチ譜例2
譜例2 (2ページ最下段)


 譜例3、4は序奏部の一部と思われるスケッチです。
第10交響曲スケッチ譜例3
譜例3 (1ページ7段)

第10交響曲スケッチ譜例4
譜例4 (1ページ7段)

♪ 譜例1-4のMIDIデータ


 譜例5,6はハ短調アレグロのテーマのスケッチです。譜例5では、伴奏部のハーモニーと8分音符の刻み形のリズムがわかります。「ohne 2 theile」(2つの部分ではない)とコメントが記入されています。これは、アンダンテの部分とアレグロの部分は、別の楽章ではないという指示です。
第10交響曲スケッチ譜例5
譜例5 (1ページ10段)

第10交響曲スケッチ譜例6
譜例6 (1ページ11、12段)


♪ 譜例5,6のMIDIデータ


 譜例7は1段目のヨルク行進曲のフルート、ピッコロパートの音符を消し、余白に記載されているものです。変ホ長調のアンダンテの序奏部からハ短調アレグロの主部へ移る部分のスケッチと思われます。アンダンテ部の終了後、おそらくティンパニのトレモロを経てハ短調アレグロが開始する案と思われます。
第10交響曲スケッチ譜例7
譜例7 (1ページ1段)

♪ 譜例7のMIDIデータ

 譜例8はアンダンテ序奏部の一部、譜例9はアンダンテ序奏部のテーマ重ねられるホルンのオブリガート音形のスケッチと思われます。第九交響曲3楽章のホルンのソロ音形が思い起こされます。  
第10交響曲スケッチ譜例
譜例8 (4ページ4,5段)

第10交響曲スケッチ譜例
譜例9 (4ページ6段)

♪ 譜例8,9のMIDIデータ

1825年のスケッチ

 ベルリン国立図書館(プロイセン文化財団)に保管されている「自筆譜9/1」というポケットスケッチ帳です。シントラーの手によって2箇所に「第10交響曲への...」といった書き込みがあります。番組の中で「1983年3月にクーパー博士が発見した」と解説されましたが、このスケッチ帳自体はノッテボームによりシントラーの書き込みとともにすでに紹介されており(第二ベートーヴェニアーナ(上))、クーパー博士がノッテボームにより紹介された部分以外のスケッチ断片を新たに第10交響曲のものと断定したというのが正確なところです。

 譜例10は、スケルツォ楽章のためのスケッチです。シントラーにより「第10交響曲への スケルツォ」と書き込みがあります。第10交響曲のスケッチ断片の中では比較的長く、完成した形は興味ありますが、クーパー博士が完成した第10交響曲は第一楽章のみなので残念ながら、これらは出てきません。
第10交響曲スケッチ譜例
譜例10(1枚目裏?1〜3段) 


譜例11はトリオの部分のスケッチです(ハ長調)。
第10交響曲スケッチ譜例
譜例11 (1枚目裏?3〜4段)

♪ 譜例10,11のMIDIデータ


 譜例12は第一楽章のアンダンテ序奏の主題です。1822年のものとは少し変わってきています。 最初のフェルマータのホルンの和音の小節は五線紙の左側の空白に後から追加されたものです。
第10交響曲スケッチ譜例
譜例12 (1枚目裏?5段)

♪ 譜例12のMIDIデータ


 譜例13はハ短調アレグロの主題です。1822年のスケッチよりさらに変化したものとなっています。クーパー博士はこのパターンを採用しました。
第10交響曲スケッチ譜例
譜例13 (1枚目裏?6段)

♪ 譜例13のMIDIデータ


 譜例14はアンダンテ楽章のためのスケッチです。シントラーにより「第10交響曲へのアンダンテ(変イ調)」と記入されています。
第10交響曲スケッチ譜例
譜例14(3枚目表6段)

♪ 譜例14のMIDIデータ


 譜例15,16はアレグロ部の途中部分のスケッチです。
第10交響曲スケッチ譜例
譜例15 (3枚目表1〜3段)

第10交響曲スケッチ譜例
譜例16 (3枚目表5段)

♪ 譜例15,16のMIDIデータ


 譜例17はハ短調アレグロ部の主題のバリエーションです。4/4拍子となっており、リズムも 複雑化しています。
第10交響曲スケッチ譜例
譜例17 (ページ不明 3〜6段)

♪ 譜例17MIDIデータ


ノッテボーム「第二ベートヴェニアーナ(上)」で紹介されているスケッチ

 第二ベートヴェニアーナ(上)の「1825年および1826年に属する6つの仮綴スケッチ帳」の章 にスケルツォのスケッチ(譜例10)アンダンテのスケッチ(譜例14)が紹介されています。  ただしノッテボームは「それは他のスケッチ帳に見出される多くの仕上げられないままで残されたスケッチと同様にそのまま放っておかれる運命にあった」としてBeethovenには第10交響曲は完成させる意志がなかったしています。
 しかしノッテボームはシントラーの書き込みのあるこの2つのスケッチのみを第10交響曲のスケッチであると考えていたと思われるので、これらを発展させたスケッチが他に見当たらないため このような判断をしたのでしょう。クーパー博士やブランデンブルク氏が新たに断定した第10交響曲の様々なスケッチ片を評価すれば、考えは変わっていたかもしれません。


参考資料
  • グスタフ・ノッテボーム「第二ベートーヴェニアーナ(上)」:音楽の友社 山根銀二訳(1952年)
  • 【CD】「Beethoven:SYMPHONY No.10 in E flat,1st movement」ウィン・モリス指揮/ロンドン交響楽団(クーパー氏の講演付) INNOVATION MUSIC PRODUCTIONS LTD. PCD911
  • BEETHOVEN-HOUS BONN / DIGITAL ARCHIVES (HCB BSk 20/68)
    http://www.beethoven-haus-bonn.de/
 
  ベートーヴェン 交響曲第10番