Biber 描写的なヴァイオリンソナタ 校訂メモ

全般について

SELKE VERLAG (SALZBURG)から出版されている手稿譜のファクシミリエディションを基にした。本手稿譜は写本であり、写譜者は不明。 作曲者による自筆譜は残されていないようである。

手稿譜では、ソロ・ヴァイオリンのパートの調子記号は#3つのイ長調の記号となっているが、通奏低音パートは#2つの二長調の表記2と なっており「ソ」に関しては必要に応じて臨時記号の#を付与している。 本浄写譜では、通奏低音のパートも通常の3つの#によるイ長調の表記を行った。通奏低音の数字表記も、 イ長調表記への変更に伴って、変換し直した(不要となる#の削除や、逆に必要となるナチュラルの追記)。

また手稿譜では当時の表記方法によって、現在では通常「ナチュラル」記号を用いる部分も全て♭記号によっているが、 ここでは現代表記の「ナチュラル」記号を用いた。

楽譜末尾に書かれた文字は「神、聖母マリア、聖チェチーリアの偉大な栄光のために」を意味している。
"A(d).M(aiorem).D(ei).G(loriam).B(eatae).V(irginis).M(ariae).S(anctae). Caeciliae"  

  1. HEINRICH IGNAZ FRANZ BIBER  SONATA VIOLINO SOLO REPRESENTATIVA  SELKE VERLAG (SALZBURG) 1994
  2. なお手稿譜の調子記号の表記ではファ、ソに関しては通常のオクターヴ下の位置にも記載しており、見かけ上#は ソロ・ヴァイオリンパートは、#5つ、通奏低音パートは#3つが記されている。
           
修正箇所

本浄写譜作成に当たって、手稿譜の書き間違いと思われる部分(主として臨時記号、和音数字)を何カ所か修正しているので その箇所を示す。
  • 6小節: 通奏低音 1拍目 和音数字6を追加
  • 11小節: 通奏低音 2拍目 和音数字3を追加
  • 14小節: 通奏低音 3拍目 Gisに数字6を追加  
  • 16小節: 通奏低音 1拍目 数字6を追加
  • 30小節: 通奏低音 4拍目 手稿譜は和音数字 6
  • 32小節: ソロヴァイオリン 1拍目 d2をdis2に変更
  • 54小節: 通奏低音 3拍目 手稿譜は和音数字 なし
  • 58小節: ソロヴァイオリン 3つめの音譜 手稿譜は8分音符、最後から2つめの16分音譜にナチュラルなし(dis2)
  • 61小節: 通奏低音 4拍目 手稿譜は数字6は、なし
  • 73-75小節: ソロヴァイオリン 手稿譜はgの音にナチュラルはない(gis)
  • 76-77小節: 通奏低音 3拍目 数字6を追加
  • 91-93小節: 通奏低音 1拍目 数字6を追加
  • 107小節: ソロヴァイオリン 2拍目gis1をg1に変更。 通奏低音 2拍目裏 gisをgに変更
  • 109小節: ソロヴァイオリン 3拍目の4分音符 gis1をg1に変更。
  • 111小節: ソロヴァイオリン 3拍目の2分音符 gis1をg1に変更。
  • 112小節: ソロヴァイオリン 2拍目の2分音符 gis1をg1に変更。
  • 112小節: 通奏低音 2拍目 数字6ナチュラルを追加
  • 118小節: ソロヴァイオリン 1拍目 gis2をg2に変更。
  • 123小節: ソロヴァイオリン 3拍目 gis2をg2に変更。
  • 133小節: ソロヴァイオリン 最後の16分音符 gis2をg2に変更
  • 135小節: 通奏低音 4拍目 数字6を追加
  • 136小節: 通奏低音 2拍目 数字6を追加
  • 137小節: 通奏低音 2拍目 数字6を追加
  • 138小節: 通奏低音 2拍目 数字6を追加
  • 141小節: 通奏低音 2拍目 数字6を追加
  • 145,146小節: ソロヴァイオリン 3,4拍目 手稿譜のスラーはg2-fis2とf2-e2の間(分割されている) 
  • 150小節: 通奏低音 2拍目 数字6を追加
  • 157,158小節: ソロヴァイオリン gis2は全てg2に変更。
  • 174小節: 通奏低音 2拍目 数字6/4を追加
  • 175小節: 通奏低音 3拍目 数字(3)#を追加
  • 177小節: 通奏低音 1拍目 数字(3)#を追加